アオサギとモグラ野ネズミ?

アオサギとモグラ1

何というか、捕食シーンばかりで賞をもらっているのだが、またそういう場面に出くわしてしまった。モグラ野ネズミ?がアオサギに皮をつままれてもがいていた。

アオサギとモグラ2

アオサギはどうすればモグラ野ネズミ?の息の根を止めることができるのかを知っている。本能なのか、学習の成果なのか。
Canon 10D EF500F4

スポンサーサイト

コメント

すげー!

こういう写真はやはり忍耐なのでしょうか、それとも運なのでしょうか。

絵描くより、写真の方が技術も必要なのでタイヘンですね。

  • sss
  • 2007/05/08 07:48

やあ、S浦くん、君のおかげで有意義な連休を過ごさせてもらったよ。ところでアオサギなんて最初から撮る気はないので、張っていたりはしません。よって忍耐ではありません。ですから偶然といえば偶然です。しかし、アオサギの様子が何かいつもと違うぞと、とっさに気づくようになったのは、学習の成果かもしれません。

  • スミルノフ
  • 2007/05/08 12:01

ぱっと見水辺りじゃない場所での事件ですか?オオタカがモグラ狙いで地面を張ってるのは知ってたけど、アオサギもやるんですか。はじめて知りました。かなりの驚きです。

  • 吉見君、キミレポートまだやろ?
  • 2007/05/09 23:01

水路に近い場所だったと思います。吉見さんが驚くとは意外でした。つーことは、結構傑作なんですかね。僕は「日本の鳥」シリーズで似たような写真があったような気がしてたものですから、あまり疑問には思わなかったです。

  • スミルノフ
  • 2007/05/10 19:13

訂正です。場所は牧場の近くでした。あと、2000年の「日本の鳥」46ページに、アオサギがモグラを捕らえた素晴らしい写真が入選しています。評者によると、アオサギがモグラを捕らえた写真は非常に珍しいそうです。
で、もひとつ訂正ですが、僕の写真、モグラじゃないような気がしてきました。モグラ特有の水かきのような前足が写っていません。足と尻尾が短いのでモグラと早合点してしまいましたが、野ネズミの一種ではないでしょうか。すいませんでした。

  • スミルノフ
  • 2007/05/10 23:55

アオサギでヒットしたので来てみました。このネズミ君は大きさと尾の短さからハタネズミだと思われます。アオサギは獲物が現れるのをじっと待って狩りをすることもあるみたいですね。湿地で10分以上も一点を凝視していたのがいました。やはりネズミを捕まえていたようでした。

  • ガンダルフ
  • 2012/11/29 14:43

あっ、失礼いたしました。ひょっとして北海道の方でしょうか。とするとハタネズミもカヤネズミも北海道にはいないので、このネズミはヤチネズミあたりでしょうかねえ。お目汚しいたしました。

  • ガンダルフ
  • 2012/11/29 14:48

ガンダルフさん、コメントありがとうございます。
現在は北海道に舞い戻りましたが、これは石川県在住中の写真です。
したがって、ご指摘のとおりハタネズミである可能性が高いと思います。
お教えいただきありがとうございました。

  • sumi
  • 2012/12/19 16:24
トラックバック
この記事のトラックバックURL