10月の昆虫

10月に鳥見のついでに見かけた昆虫をまとめておきます。

クヌギカメムシ
10月上旬に見たクヌギカメムシ。サジクヌギカメムシかヘラクヌギカメムシかはわかりません。秋になり足が赤く変色しています。

オオシロシタバ
10月6日、西岡公園探鳥会のときに見た蛾。これはシタバ系の蛾ではないかな?

オオシロシタバ
そう思って下羽を見せてもらうと、やっぱりオオシロシタバでした。

カシワクチブトゾウムシ
10月6日、西岡公園探鳥会のときに見たカシワクチブトゾウムシ。クローズアップ写真を見せると、カブトムシぐらいの大きさかと思われ、実物の小ささに驚かれました。

カシワクチブトゾウムシ
ちょっと引いて撮ったカシワクチブトゾウムシ。かなり小さいです。

クヌギカメムシ
同じく西岡公園探鳥会のときに見たクヌギカメムシ。産卵前のメスでしょうか。お腹が大きくなっています。

クヌギカメムシ
尾端の形状から、サジクヌギカメムシであることを確認しました。

クサギカメムシ
10月13日、円山公園探鳥会のときに見たクサギカメムシ。地味な中型カメムシはどれも似ていますが、触覚の黄褐色の位置で区別できます。

ツチハンミョウ
同じく円山公園探鳥会のときに見たツチハンミョウの死骸。時期的にメノコツチハンミョウではないでしょうか。

ヒメバチ
同じく円山公園探鳥会のときに見たヒメバチの仲間の死骸。種類はちょっとわかりません。

スコットカメムシ
同じく円山公園探鳥会のときに見たスコットカメムシ。越冬するんでしょうか。

クヌギカメムシ
同じく円山公園探鳥会のときに見たクヌギカメムシ。オスは裏返してみないとサジかヘラかわかりません。サジのほうが数が多く、普通だと思います。

オオモンキキリガ
10月14日、西岡公園で見たオオモンキリガ。「札幌の昆虫」にはモンキキリガ、キイロキリガまでは載ってますが、これは載ってませんでした。

ガ
同じく西岡公園で見た蛾。高級絨毯のような茶色の濃淡が味わい深いなあと思ったのですが、力量不足により残念ながらまだ同定できません。

ヒメヤママユ
同じく西岡公園で見たヒメヤママユ。かなり羽が傷んでいました。

エゾアオカメムシ
10月22日、西岡公園で見たエゾアオカメムシ。春は若草のような色ですが、秋はだんだん褐色になっていきます。

ミカドフキバッタ
同じく西岡公園で見たミカドフキバッタ。

トホシカメムシ
同じく西岡公園で見たトホシカメムシ。このへんでは最大のカメムシで、背中に黒点が10個あります。この日は期待していたアトリ、カシラダカ、マヒワなどに出会えず、目の前にきたエナガもうまく撮ることができず、鳥見の成果はさっぱりでしたが、トホシカメムシをじっくり見ることができたので、まあいいかなと思った日でした。

以上で、今シーズン最後の昆虫になるかもしれません。

8月中旬~9月の昆虫

前回の続きで、8月以降に、鳥見のついでに見かけた昆虫をまとめておきます。

アカアシクワガタ

8月10日に海辺の鳥を見に行ったときに見つけたクワガタ。

アカアシクワガタ

捕まえてみたらアカアシクワガタでした。

リンゴドクガ

8月11日の円山公園探鳥会で見つけたリンゴドクガの幼虫。

リンゴドクガ

驚かすと背中の黒い部分を見せて威嚇してきます。

ナツアカネ

この辺で飛んでいる赤トンボはほとんどアキアカネですよ、と説明してそのへんの一匹を適当に捕まえてみたら、ナツアカネでした。胸の中央部黒線が尖るのがアキアカネ、尖らないのがナツアカネだそうです。

ヒメコガネ

8月12日にシギ・チドリを観察中、海辺をブンブン飛んでいたヒメコガネ。砂浜に着地したところを撮影。

キトンボ

9月1日、西岡公園探鳥会の集合時に捕まえたキトンボ。赤トンボの仲間では割と遅くに出てきます。

キトンボ

9月8日、円山公園探鳥会で池のロープにとまったキトンボ。

チャイロスズメバチ

9月8日、円山公園探鳥会でチャイロスズメバチをペットボトルの中に捕らえた方からお借りして撮影。迷惑そうですね。


7月中旬~8月上旬の昆虫

前回の続きで、7月中旬から8月第一日曜日の西岡公園探鳥会までの間に、鳥見のついでに見かけた昆虫をまとめておきます。

ヤガ科
7月13日に旭山公園の野鳥定例観察会に参加したとき、トイレにいた蛾です。いきなりで申し訳ないのですが、同定できません。なんとなくヤガ科ヨトウガ亜科のような気がするのですが。

ドロバチ
同じく旭山公園で見かけたドロバチの仲間。撮っておけば後で同定できると思っていたのですが、甘い考えでした。

アブラゼミ
同じく旭山公園で、なんと羽化したてのアブラゼミに出会いました。

ツノアオカメムシ
7月14日の円山公園探鳥会の合間に見かけたツノアオカメムシ。当地ではカメムシのキング的な存在ですね。

サジクサギカメムシ
同じく円山公園で見かけたクヌギカメムシ。今年からヘラとサジを見分けようと思っていたので、我慢して捕まえて観察しました。尾端の形状から、サジクヌギカメムシのメスだと思います。

クシヒゲベニボタル
同じく円山公園で見かけたクシヒゲベニボタルのオス。ここでは毎年見かけるので間違いないとは思います。一応触角と前胸背板の形から判断しています。

ミツテンノメイガ
円山公園探鳥会から帰ってきたら、家の壁にとまっていたミツテンノメイガ。

トビイロシマメイガ
8月2日、ファイターズの試合を見て帰ってきたら家の壁にとまっていたトビイロシマメイガ。

モノサシトンボ・エゾイトトンボ
8月4日の西岡公園探鳥会の合間に捕まえて撮影した、モノサシトンボとエゾイトトンボ。前者はモノサシトンボ科、後者はイトトンボ科です。イトトンボ科は種類が多くどれも似ていますが、眼の後ろの青い紋と、羽の付根から少し尾側の黒い紋の形が手がかりになります。エゾイトトンボは眼の後ろの青紋が細い線でつながり、背中の黒紋はワイングラスの形をしているそうです。

これでとりあえず在庫整理は終わりです。

6月~7月上旬の昆虫

6月と7月の上旬までの間に、鳥見のついでに見かけた昆虫をまとめておきます。

コキマダラセセリ
6月9日、円山公園探鳥会の合間に見かけたコキマダラセセリ。

センモンヤガ
6月10日、出勤途中の円山公園でキビタキを探しているときに見かけた蛾。ヤガ科だと思うのですが、たぶんセンモンヤガだと思います。

クサギカメムシ
6月14日、職場からの帰り道の途中、円山公園近くで見かけたカメムシ。触角の黄色い部分の位置から、クサギカメムシと思われます。

ミドリシジミ
7月6日、土曜日午前中の仕事を終え、昼過ぎに寄った円山公園で見かけたミドリシジミの仲間。種の同定には自信が無いのですが、追いかけられていたメスに赤紋があったこと、黒縁が太く羽裏の斑紋もかなり明瞭なことから、たぶんメスアカミドリシジミじゃないのかなと思いますが、メスアカミドリシジミは午後も飛ぶんでしょうか。

ミヤマクワガタ
7月7日の西岡公園探鳥会で見たミヤマクワガタの頭。よく落ちているのですが、たぶんカラスが食べ残すのではないでしょうか。

ミドリシジミ
同じく7月7日の西岡公園探鳥会で見たミドリシジミの仲間のメス。午前中なのと、数が多いのでジョウザンミドリシジミの可能性が高いと思います。詳しい人なら白い斑紋を見てわかるのでしょうけど。

キバネセセリ
同じく7月7日の西岡公園探鳥会で見たキバネセセリ。

セマダラコガネ
7月7日の西岡公園探鳥会から帰ってきたら家の中庭にいた、セマダラコガネの黒色タイプ。

コムラサキ
7月13日に鳥見に行った旭山公園で見つけた、石垣で吸水するコムラサキ。

今日はとりあえずここまで。続きはまた気が向いたらまとめます。

6/3西岡水源池で見た昆虫

探鳥会のついでに見た昆虫です。

アシナガグモ
アシナガグモの仲間だと思うのですが……。ウロコアシナガグモにしては……。

アカハネムシ
アカハネムシ。

アサヒハエトリ
小さめのハエトリグモ。○○アサヒハエトリのメスってかんじでしょうか。

エゾハルゼミ
エゾハルゼミ、元気に鳴いていました。

ハナムグリ
ハナムグリです。毛深いです。

ハンノキハムシ
ハンノキハムシ。

ヒゲボソゾウムシ
ヒゲボソゾウムシの仲間です。

カバイロコメツキ
コメツキムシの仲間で、カバイロコメツキ。タンポポの種に隠れているつもりらしいです。

カシワクチブトゾウムシ
小さなゾウムシ、カシワクチブトゾウムシです。

コサナエ
今シーズン初めてコサナエを確認しました。

マダラスジハエトリ
やや大きめのハエトリグモ。マダラスジハエトリだったらいいな。

ナラメリンゴフシ
これはコナラにできた虫こぶの一種で、ナラメリンゴフシと呼ぶそうです。ナラメリンゴタマバチの産卵によるものですが、興味深いことにこのナラメリンゴフシから生まれた次世代はコナラの根に産卵し、根にできた虫こぶをナラネタマフシと呼ぶそうです。なお、ナラメリンゴタマバチは、ナラリンゴタマバチ、ナラリンゴフシバチ、ナラダンゴタマバチなど様々な名称で呼ばれているらしく、そろそろ混乱してきました。

ルリモンエダシャク
トイレで見つけた蛾。エダシャクの仲間だと思います。ルリモンエダシャクあたりか。

サビキコリ
コメツキムシの仲間でサビキコリ。うまくバランスをとっていました。

スギドクガ
これもトイレで見つけた蛾。ドクガ科の一種ではないでしょうか。スギドクガあたりか。

スギドクガ
念の為、後翅も確認。

トホシハムシ
テントウムシではなくて、ハムシの仲間、トホシハムシ。

ウチスズメ
久しぶりにウチスズメを見つけました。

ウチスズメ
ウチスズメは後翅が美しいので、ちょっと捕まえて撮らせてもらいました。

ウチスズメ
あとは、顔もかっこいいですね。

ヨトウorキリガ
これは未同定。○○ヨトウとか○○キリガなどと名前のつきそうな、ヤガ科あたりの蛾ではないかな。

ヨツモンカメムシ
ヨツモンカメムシ。クヌギカメムシの仲間で、北方系で札幌にはよくいます。

TG-3

続・5月の昆虫類

前回5月の昆虫類をまとめましたが、5月の終わりに通勤の帰り道で見た昆虫を追加します。

ヨツボシヒラタシデムシ
ヨツボシヒラタシデムシ。当地では他に、ヒラタシデムシやオオヒラタシデムシをよく見ます。

イモムシ
あとでイモムシハンドブックで調べます。

ヒゲボソゾウムシ
ヒゲボソゾウムシの仲間。

TG-3

5月の昆虫類まとめ

5月に通勤路などで撮った昆虫や小動物で、掲載していないものをまとめます。

カタクリハムシ
カタクリハムシ。

エゾハルゼミ
エゾハルゼミ。毛がふわふわして触り心地が良いです。

エゾハルゼミ
エゾハルゼミの透明な羽から透けて見える胴体も美しい。

ムネアカオオアリ
ムネアカオオアリの巨大な女王アリ。車と比較してもその巨大さがわかります。

ムネアカオオアリ
こちらは羽が片方だけ抜けたばかりの女王。これから巣の場所を探すのでしょうか。

カメムシ幼虫
カメムシの幼虫。なんのカメムシなのかはわかりません。このあたりで大発生するのはヨツモンカメムシなんですが。

センブリ
大発生していた気持ち悪い虫。センブリというそうです。職場の僕の部屋にも出現しました。

ヤミイロカニグモ
ヤミイロカニグモという普通のクモらしいです。

幼虫
なんかの幼虫。一見してシジミチョウの幼虫っぽいです。背中の盛り上がり具合からみてトラフシジミでしょうか。

エゾヨツメ
通勤路の歩道で弱っていたエゾヨツメ。残念ながら羽の表は写すことができませんでした。

サビキコリ
サビキコリ。よく見ます。

スギノアカネトラカミキリ
同じ場所で見つけたマツシタトラカミキリを先日アップしましたが、こちらは似ているけれどスギノアカネトラカミキリのようです。

アオジョカイ
アオジョウカイ。残念ながら片方の羽が不完全形成です。

ウンカヨコバイの仲間
ふと気がつくと、自宅で僕のノートパソコンにとまっていた小さな虫。ウンカとかヨコバイとかの仲間のように思えますが、誰なんでしょう?

以上です。

マツシタトラカミキリ

マツシタトラカミキリ

仕事の帰りに寄った円山公園で。マツシタトラカミキリでしょうか。
TG-3

5月上旬の昆虫など

5月上旬の鳥見のついでに見た昆虫をまとめておきます。

ヒメツノカメムシ
5月3日の午後、西岡公園で見たヒメツノカメムシ。

ヒメツノカメムシ
こちらは5月4日の円山公園で見たヒメツノカメムシ。

カタクリハムシ
5月4日、円山公園のカタクリハムシ。

ハナウドゾウムシ
5月4日、円山公園のハナウドゾウムシ。今シーズン最初に出会ったゾウムシでした。

ウロコアシナガグモ
5月5日、旭山公園で見たウロコアシナガグモ。

スコットカメムシ
5月5日、西岡公園で見た、たぶんスコットカメムシ。

オオハエトリ
5月5日、西岡公園で見たハエトリグモの仲間。たぶんオオハエトリではないかと思います。

明日は円山公園探鳥会に参加するつもりですが、余裕があれば下も向いて歩きます。

カシワキリガ

カシワキリガ

5/5の西岡公園探鳥会の直前に、公園のトイレで出会ったカシワキリガ。忘れないうちにアップロードしておこう。
TG-3